宮城のニュース

<筋弛緩剤点滴事件>再審請求即時抗告を棄却 仙台高裁

 仙台市泉区の旧北陵クリニックで起きた筋弛緩剤点滴事件の再審請求即時抗告審で、仙台高裁は28日、請求を棄却した仙台地裁決定を支持、元准看護師守大助受刑者(46)=殺人罪などで無期懲役確定=の再審開始を認めない決定をした。守受刑者側は決定を不服として最高裁に特別抗告する方針。
 地裁での再審請求審に続き、患者の血液などから筋弛緩剤成分を検出した鑑定結果の信用性が争点となった。嶋原文雄裁判長は鑑定結果の証拠能力に問題はなく、確定判決の事実認定に合理的疑いはないと判断したとみられる。
 守受刑者は2000年2〜11月、患者5人の点滴に筋弛緩剤を混入して1人を殺害、4人を殺害しようとしたとして仙台地裁で無期懲役判決を言い渡され、08年に最高裁で確定した。12年2月に地裁に再審請求したが、14年3月に棄却決定され、仙台高裁に即時抗告した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月28日水曜日


先頭に戻る