宮城のニュース

<復興交付金>宮城県内240億円 交付率100% 第20次配分

 復興庁が28日発表した復興交付金の第20次配分で、宮城県と12市町に計240億6000万円が割り当てられた。
 交付率は100%。市町別交付額(県実施分を含む)は表の通り。石巻市が146億2000万円で最も多く、渡波や石巻港など下水道整備工事費として95億5000万円が充当された。
 女川町は24億5000万円。中心部で進む土地区画整理事業の設計費として3億8000万円が認められた。名取市は21億3000万円で、閖上地区の災害公営住宅建設費に2億9000万円が配分された。


2018年03月01日木曜日


先頭に戻る