広域のニュース

<17年訪日外国人>東北宿泊者、最多101万人 青森伸び率全国一 航空路線の拡充奏功

仙台空港に到着し、歓迎を受ける台湾人観光客ら=2017年9月、仙台空港

 観光庁は28日、2017年に国内のホテルや旅館に泊まった外国人の延べ人数(速報値)を発表した。東北6県の延べ宿泊者数は前年比40.4%増の101万8560人となり、統計開始の07年以降、初めて100万人を突破し、過去最多を更新した。青森の伸び率は60.3%で、全国の都道府県で最も高かった。

 東北各県の延べ宿泊者数は表の通り。青森が25万6810人で初めてトップとなった。宮城の23万8620人、岩手の19万3040人が続いた。伸び率は秋田、岩手、福島も40%を超え、いずれも全国の10位以内に入った。
 青森は昨年、中国・天津と結ぶ定期便が就航し、ソウル便も週3便から週5便に増えるなど航空路線が拡大した。他県でも、格安航空会社(LCC)の定期便やチャーター便の誘致が進んだ。
 6県の月別伸び率は2月が前年同月比66.8%、11月が57.0%。樹氷やスキーなどに加え紅葉の人気も高まり、北東北を中心に訪れる人が増えた。
 東北観光推進機構の紺野純一専務理事は「今後も航空路線の拡充と東北一体のプロモーションを続け、市場を拡大したい。スキー需要の高い欧米も大きなターゲットだ」と話した。
 全国の外国人延べ宿泊者数は前年比12.4%増の推計7800万3570人で過去最多を更新。全国に占める東北の割合は1.3%となり、前年の1.0%から増えた。都道府県別では東京がトップの1902万5490人、大阪1170万6910人、北海道743万3300人、京都558万6960人だった。
 国・地域別では中国1732万人、台湾1124万人、韓国1093万人。韓国と香港からの宿泊先は大阪が最も多く、北海道はマレーシアで1位になるなどアジアで人気だった。欧米の客は東京に次いで京都への宿泊が多かった。


関連ページ: 広域 経済

2018年03月01日木曜日


先頭に戻る