宮城のニュース

<ベガルタ>FC東京に1−0 開幕2連勝

 第2節第2日(3日・味の素スタジアムほか=5試合)仙台は石原のゴールでFC東京に1−0で勝って開幕2連勝とした。名古屋もガブリエルシャビエルの2試合連続得点で磐田を1−0で破り2連勝。鹿島はG大阪に1−0、清水は神戸に4−2で勝ってともに今季初の白星。長崎は鳥栖と引き分け、J1初の勝ち点を挙げた。
 浦和−広島は最終日の4日に行われる。

◎石原 決勝点

(1)味スタ
仙台 1 0−0 0 FC東京
     1−0
▽得点経過
後12分 1−0 石原(1)
▽観衆 16,990人

 仙台が後半に挙げた1点を守り切り、開幕2連勝を飾った。同12分、阿部の右クロスを永戸が折り返すと、石原が右足ボレーで合わせて決勝ゴールを決めた。FC東京は東や大森が先制機を生かせず、久保の投入で打開を図ったが追い付けなかった。

<今後も粛々と準備/仙台・渡辺晋監督の話>
 練習場を除雪してくれたサポーターらにお礼を言いたい。相手に押し込まれたが、立ち位置(布陣)を変えて落ち着いて試合を進められた。満足することなく、今後も粛々と準備をしたい。

<勝ち点3を目指す/FC東京・長谷川健太監督の話>
 (失点は)当たり損ねがいいコースに飛んだ。その後、1点を返せないのが今の課題。ゴールに迫ることができていることをポジティブに捉え、勝ち点3を目指して戦っていく。

☆ベガルタみっくすぞーん

<DF板倉滉(フル出場し粘り強く守る)>
 「1−0は素晴らしい結果だが、まだまだ隙があるのでしっかり修正したい。攻撃も2点、3点取れるよう練習から意識してイメージを合わせていきたい」

<DF平岡康裕(3バックに入り、無失点に貢献)>
 「危ない場面があったが、最後に体を張れた。苦しい時間帯にチーム全体で守ることができた。後ろで守っていて、常に無失点を目指しているのでうれしい」


2018年03月04日日曜日


先頭に戻る