宮城のニュース

<B2仙台>51−58で福岡に連敗

福岡−仙台 第1クオーター、シュートを決める仙台・ウィリアムス(右)

 4日、福岡県久留米市のみづま総合体育館などで行われ、東地区4位の仙台は西地区首位の福岡に51−58で連敗した。通算成績は16勝24敗。
 首位の秋田は2位の福島に連勝し、通算成績を36勝4敗に伸ばした。福島は24勝16敗。
 6位の岩手は3位の山形を破って連敗を4で止めた。通算成績は岩手が5勝35敗、山形が16勝24敗。5位青森は西地区の熊本に連敗し9勝31敗。順位に変動はない。
 次節は9、10の両日、秋田はアウェーで愛媛と戦う。10、11の両日、福島市で福島と仙台、青森市で青森と山形、盛岡市で岩手と福岡がそれぞれ対戦する。

福岡(33勝7敗) 58/18−12/51 仙台(16勝24敗)
           9−17
           13−9
           18−13

▽観衆 1436人(久留米)

<決定力を欠いた 仙台・高岡大輔監督の話>
 ゲームプラン通りイメージしているバスケットができたが、若いチームなので勝負どころでの決定力を欠いていた。来週の福島戦は意味のある試合なので最後まで諦めずにプレーする姿を見せたい。


2018年03月05日月曜日


先頭に戻る