広域のニュース

暖かいね そだねー 仙台19.7度

芝生にシートを広げてピクニックを楽しむ親子=4日午前11時45分ごろ、仙台市若林区のせんだい農業園芸センター

 東北地方は4日、高気圧に広く覆われ、ポカポカ陽気となった。最高気温が平年より10度以上も高い地点が相次ぎ、仙台で19.7度を観測するなど各地で今年最高を記録。22.3度に達した福島県浪江は6月中旬並みの暖かさだった。
 仙台管区気象台によると、最高気温は6県の161観測地点のうち、岩手、宮城、山形の全地点を含む計155地点で今年最高。宮城、福島の計10地点では20度を超えた。名取(21.3度)と岩手県沢内(11.4度)は3月の観測史上最高だった。
 仙台市若林区のせんだい農業園芸センターでは、親子連れが薄着で散策や日なたぼっこを楽しみ、季節外れの陽気を満喫した。
 5日の東北地方は、前線を伴う低気圧の影響で雨や雪の所が多くなる見込み。


関連ページ: 広域 社会

2018年03月05日月曜日


先頭に戻る