宮城のニュース

<仙台市議会>使途5項目で修正 政活費検討会議最終報告

 仙台市議会の政務活動費(政活費)に関する検討会議は6日、使途などに関して主要6会派の意見を整理した報告書を取りまとめ、斎藤範夫議長に報告した。資料購入費や広報広聴費など計5項目について見直しや文言の追加・削除をすることに合意した。
 資料作成費の経費例として、映像作成に要する経費などを追加。資料購入費の考え方に、調査目的との関連を明記することにした。広報広聴費では、広報紙やホームページの内容で政党活動などに関する記述がある場合、記述・記載の割合に応じて経費を案分することで合意した。
 調査研究費では、自動車燃料代の算定額の見直しでは一致したが、旅費の日当廃止、交通費・宿泊費の実費支給などの提案は合意に至らなかった。結論を見送っていた使途の点検方法は会派間の意見に隔たりが大きく、一致しなかった。
 検討会議は2016年12月から四つのテーマで在り方に関して協議を重ね、領収書などのインターネット公開を決定。今回の最終報告は、政活費の手引書に反映させる。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年03月07日水曜日


先頭に戻る