宮城のニュース

伊達な宇和島食べて知ろう 仙台・秋保でフェア

かんきつ類が並んだ宇和島フェア

 宇和島信用金庫(愛媛県宇和島市)などは、仙台市太白区の秋保ビレッジで「えひめ宇和島フェア」を開催している。26日まで。
 伊達家の縁で仙台市の歴史姉妹都市となっている宇和島市の特産品15種類を集めた。甘みが強い「はるか」などのかんきつ類、郷土料理「たい飯」などが人気という。宇和島産ブラッドオレンジを使った、お茶の井ケ田(仙台市)の新商品「ブラッドオレンジどら焼き」も販売している。
 フェアは、宇和島信金が宮城第一信用金庫(同)との業務提携を記念し、昨年始めた。1日の開会式には両信金や宇和島伊達家の13代当主宗信氏のほか、近くの湯元保育所の子どもたちが参加。ミカンを味わった中嶋理菜ちゃん(6)は「おいしかった」と喜んだ。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年03月07日水曜日


先頭に戻る