広域のニュース

<東日本大震災>犠牲者1万5895人に 警察庁・1日現在

 東日本大震災の発生から7年となるのを前に、警察庁は6日、1日現在でまとめた被害状況を公表した。行方不明者は2539人で、遺体のDNA型鑑定や捜査で身元が特定されるなどして、この1年で15人少なくなった。
 行方不明者の内訳は、宮城県が最も多く1223人で、岩手県が1116人、福島県が196人。ほかは千葉県で2人、青森県と茨城県が1人ずつ。警察はこれまでに、延べ67万人以上を投入し、沿岸部などで捜索を続けてきた。
 死者は、陸前高田市沖と福島県大熊町で新たに見つかった2人を加え、1万5895人となった。岩手、宮城、福島の3県で身元が確認された遺体のうち、65歳以上は56.5%。死因のほとんどが溺死だった。


2018年03月07日水曜日


先頭に戻る