広域のニュース

金沢市で震災を振り返る集い

震災から7年を振り返って思いを語り合った参加者=金沢市内

 東日本大震災で被災し、避難先の金沢市で男子フィギュアスケートの羽生結弦選手(23)=ANA、東北高出=を応援する情報紙を発行している会社員坂田俊明さん(58)が10日、震災を振り返る集いを同市内の自宅で開いた。読者ら約20人が集まり、防災への意識を高めた。
 集いでは、仙台市泉区で被災した坂田さんが、震災直後の名取市閖上地区で撮影した映像や新聞記事を紹介。「普段から地域コミュニティーをつくり、絆を強くしていくことが大事だ」(坂田さん)と呼び掛けた。
 坂田さんはこれまで、情報紙に自らの被災体験や防災に関する情報を載せてきた。震災だけでなく「宮城の文化にも触れてもらいたい」と、集いの中で坂田さんの娘2人が閖上地区に伝わる民謡や三味線も披露した。


関連ページ: 広域 社会

2018年03月13日火曜日


先頭に戻る