宮城のニュース

<羽生選手>県民栄誉賞授与、パレード当日に 知事

 村井嘉浩知事は19日の定例記者会見で、平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇を果たした仙台市出身の羽生結弦選手(23)=ANA、東北高出=に対する2回目の県民栄誉賞を、4月22日開催で調整が進む祝賀パレードに合わせて授与する考えを示した。
 県や仙台市、県スケート連盟などが近く実行委員会を設立する。村井知事は「来週には日程を報告したい」との見通しを示した。パレードに関しては「何より大切なのは、県民が羽生さんに思いを伝える場にすることだ」と強調した。
 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書の改ざん問題も取り上げられた。村井知事は「県庁内ではあり得ない。こうした行為があると、(組織)全体が否定される。指示の有無は別にして、最後の責任はトップにある」と苦言を呈した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年03月20日火曜日


先頭に戻る