宮城のニュース

<仙台市人事>総務局長に芳賀氏 交通事業管理者は加藤氏

 仙台市は20日、4月1日発令の定期人事異動を発表した。特別職と局長級の異動対象者は兼務を解かれる人を除き、前年度より7人多い22人で、幹部の顔触れが大幅に変わる。総務局長に芳賀洋一泉区長(54)を起用し、後任に鈴木昭議会事務局長(56)を充てる。本庁初の女性局長として、市民局長に斎藤恵子文化観光局理事(58)を登用する。
 特別職は交通事業管理者に加藤俊憲総務局長(58)、水道事業管理者に板橋秀樹財政局長(59)を起用する。
 財政局長に館圭輔文化観光局長(40)、まちづくり政策局長に福田洋之子供未来局長(56)、子供未来局長に岡崎宇紹宮城野区長(55)が回る。
 文化観光局長に天野元・同局次長(53)、健康福祉局長に舩山明夫都市整備局次長(55)、危機管理監に佐々木淳一若林区副区長(53)、環境局長に遠藤守也同局次長(58)、経済局長に遠藤和夫同局次長(57)、都市整備局長に小野浩一同局次長(58)、建設局長に小高睦同局次長(58)がそれぞれ昇格する。吉野博明総務局次長(56)は同局理事に昇格し、次長を兼ねる。
 人事委員会事務局長に石川浩史経済局長(56)、議会事務局長に木村洋二同局次長(54)、市立病院長に奥田光崇同病院副院長(57)、財政局税務監に高谷昌宏同局次長(57)が就く。宮城野区長に小林仁環境局長(57)、市立病院理事に鈴木義恵同病院次長(55)を起用する。

 ◇仙台市人事(4月1日)
 【特別職】水道事業管理者(財政局長)板橋秀樹▽交通事業管理者(総務局長)加藤俊憲▽市立病院長兼務を解く 病院事業管理者亀山元信▽人事委員会事務局長兼務を解く 人事委員会委員長小野真一
 【局長級】危機管理監(若林区副区長)佐々木淳一▽総務局長(泉区長)芳賀洋一▽同理事兼次長(総務局次長)吉野博明▽まちづくり政策局長(子供未来局長)福田洋之▽財政局長(文化観光局長)館圭輔▽同税務監(財政局次長兼財政部長)高谷昌宏▽市民局長(文化観光局理事)斎藤恵子▽健康福祉局長(都市整備局次長)舩山明夫▽子供未来局長(宮城野区長)岡崎宇紹▽環境局長(環境局次長)遠藤守也▽経済局長(経済局次長兼産業政策部長)遠藤和夫▽文化観光局長(文化観光局次長)天野元▽都市整備局長(都市整備局次長)小野浩一▽建設局長(建設局次長)小高睦▽宮城野区長(環境局長)小林仁▽泉区長(議会事務局長)鈴木昭▽人事委員会事務局長(経済局長)石川浩史▽議会事務局長(議会事務局次長)木村洋二▽市立病院長兼診療部長兼皮膚科部長兼歯科口腔外科部長(市立病院副院長兼診療部長兼血液内科部長兼感染症内科部長兼皮膚科部長兼歯科口腔外科部長)奥田光崇▽同理事(同次長)鈴木義恵
 退職(3月31日)
 【特別職】
 交通事業管理者 西城正美
 【局長級】
 危機管理監 佐々木英夫▽まちづくり政策局長 大槻文博▽財政局税務監 千葉晴洋▽市民局長 村山光彦▽都市整備局長 鈴木三津也▽建設局長 村上貞則


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年03月20日火曜日


先頭に戻る