秋田のニュース

平昌五輪フィギュアで金のザギトワ選手に贈る秋田犬 5月お披露目へ

 秋田犬保存会(大館市)は、平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手(15)に贈る秋田犬を、5月3日に大館市で開かれる「本部展」で披露する方針を固めた。同市で18日にあった理事会で了承され、通常総会で報告された。6月1日前後にモスクワで贈呈式を行う予定。
 保存会会長の遠藤敬衆院議員によると、4月中旬までに候補となる雌の子犬(贈呈式時点で生後3カ月前後)を全国から選定。優しい性格などを重視し、赤毛、白毛、虎毛の3匹に絞った上で、ザギトワ選手に子犬の写真や動画を送って希望を聞く。本部展は、国内外の愛好家が飼い犬の美しさを競う催し。
 贈呈式はロシアのフィギュアスケート連盟が実施を要望。両国の外務省が日程を調整しているという。
 遠藤会長は「ザギトワ選手は『秋田犬をできるだけ小さい時期から育てたい』と話している。希望に応えたい」と話した。
 ザギトワ選手は五輪前に新潟県で調整中、雑誌で見つけた秋田犬を気に入り、母親に飼いたいと伝えたことなどが報道された。保存会は秋田犬を贈呈する意向を示していた。


関連ページ: 秋田 社会

2018年03月20日火曜日


先頭に戻る