福島のニュース

<原発事故避難者集団訴訟>福島地裁いわき支部も東電に賠償命令

 東京電力福島第1原発事故で古里が失われたなどとして、福島県双葉郡の住民ら216人が東電に慰謝料など計約133億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁いわき支部(島村典男裁判長)は22日、213人に計約6億1000万円を支払うよう命じた。
 全国で約30ある同種の集団訴訟で7件目の判決。今回を含め、全て東電に賠償を命じる判断となった。
 原告は葛尾村を除く双葉郡7町村と南相馬市小高区の住民ら。1人当たり古里喪失の慰謝料2000万円と、避難に伴う精神的苦痛に対する慰謝料月50万円などを求めていた。


2018年03月22日木曜日


先頭に戻る