広域のニュース

岩手三陸 魅力を知って 仙台・25日まで観光物産展

潜水士のヘルメットを被って記念撮影する親子連れ

 仙台市青葉区の東北電力グリーンプラザで開かれている「ぎゅぎゅっと!春のさんりくマルシェ〜岩手三陸の文化と観光展〜」のオープニングセレモニーが21日、現地であった。
 20日に始まったイベントは岩手県沿岸部の特産品約300点を集めた物産展のほか、観光名所や歴史をまとめたパネルを展示。三陸鉄道の制服や潜水士のヘルメットを試着できる体験コーナーもある。
 東日本大震災からの復興支援と観光振興のため、岩手県や東北電岩手支店などが主催。市民ら約150人が集まったセレモニーでは達増拓也知事が「イベントが岩手、東北の復興と発展につながることを願う」とあいさつした。
 群馬県太田市からカップルで訪れた公務員霜田整哉さん(26)は「見たことがない名産品が多く、三陸を知るいい機会になった」と話した。
 25日まで。入場無料。


関連ページ: 広域 経済

2018年03月22日木曜日


先頭に戻る