秋田のニュース

通勤中に交通事故起こし男性に重傷負わせる 高校教諭を減給処分

 秋田県教委は22日、車で通勤途中に交通事故を起こして男性に重傷を負わせたとして、県央部の高校の20代男性教諭を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。県教委によると、男性教諭は昨年1月4日午前7時10分ごろ、由利本荘市内の国道7号で乗用車をスリップさせ、対向車線の軽ワゴン車に衝突。運転していた70代男性に右脚骨折の重傷を負わせた。男性教諭は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の罪で略式起訴され、罰金30万円の略式命令を受けた。


関連ページ: 秋田 社会

2018年03月23日金曜日


先頭に戻る