宮城のニュース

<岩沼市長選>現職の菊地氏が再選出馬へ

菊地啓夫氏

 任期満了に伴う岩沼市長選(6月3日告示、10日投開票)で、現職の菊地啓夫氏(65)が23日、再選を目指して無所属で立候補する意向を示した。22日に市内で後援会会合を開き、意思を伝えた。近く記者会見し、正式表明する。
 菊地氏は河北新報社の取材に対し、東日本大震災からの復興に引き続き取り組む考えを強調。その上で、「『復興から地方創生へ』を合言葉に、産後ケアなどの子育て支援策や、教育、高齢者対策などに力を入れていく」と述べた。
 菊地氏は岩沼市出身、東北学院大卒。1975年に市職員となり、健康福祉部長や総務部長、副市長を歴任した。2014年の市長選で初当選し、1期目。
 市長選に名乗りを上げたのは菊地氏が初めて。ほかに市議グループなどが候補擁立を模索している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年03月24日土曜日


先頭に戻る