青森のニュース

<黒にんにくゼリー>臭いは抑えめ スティック状、手軽に食べて健康に

青森県産食材を使って開発された黒にんにくゼリー

 柏崎青果(青森県おいらせ町)とサメ肉加工業の田向商店(青森市)が、青森県特産の黒ニンニクにタンパク質の一種プリテオグリカン(PG)を加えた健康食品「黒にんにくゼリー」を開発し、発売した。
 柏崎青果が高温熟成した黒ニンニクをペースト状にし、田向商店が県産アブラツノザメの軟骨から抽出したPGに卵黄を加えた。商品は20グラムずつスティック状に包装した。
 ゼリー20グラムにはニンニク3グラムと、美容や健康に良いと言われるPG4ミリグラムを配合。ニンニク臭を抑え、手軽に食べやすく仕上げた。
 柏崎青果の柏崎進一社長は「県産の材料で新商品ができた。ニンニクもPGも体に良く、多くの人に食べてほしい」と話した。
 スティック5本入りで1080円(税込み)。JR新青森駅や青森空港の土産物店、ネットショップなどで販売している。


関連ページ: 青森 経済

2018年03月24日土曜日


先頭に戻る