福島のニュース

放射能の疑問、漫画で説明 なすびさん、環境省の取り組みに一役

福島出身のなすびさん

 東京電力福島第1原発事故で飛散した放射性物質や除染などについて漫画を使って伝えようとする環境省の取り組みに、俳優でタレントのなすびさん=福島市出身=が一役買っている。

 「まんが なすびのギモン」。懸賞はがきの当選品だけで暮らすテレビ企画で有名になったなすびさんだが、最近は子どもから「漫画のおじさんだ」と声を掛けられることもあるという。「福島県民の目線で堅苦しくなく伝えたい。漠然とした不安をちょっとでも解消するきっかけになれば幸いです」と話している。
 2014年以降「身の回りの放射性物質」「健康影響」「食品」「環境再生のあゆみ」の4編が発行され、食品編は英語版も作成された。インターネットのサイト「なすびのギモン」でも閲覧できる。


2018年03月26日月曜日


先頭に戻る