宮城のニュース

<モンキーマジック>売上金の一部で寄付した桜 石巻の移転団地で植樹

苗を植える穴を掘るモンキーマジックのメンバー

 仙台市を拠点にする4人組の人気バンド「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」が26日、ツアーグッズの売上金の一部で寄付した桜を、東日本大震災で被災した宮城県石巻市の牡鹿半島で植樹した。
 小網倉浜地区の住民が移り住んだ集団移転団地の広場で実施。4人はスコップを持って土を掘り、高さ約2メートルのエドヒガンの苗1本を植えて水やりをした。順調に生育すれば3年後に花を咲かせるという。
 昨年10〜12月の全国ツアーで販売したTシャツとパーカの売上金の一部を、被災地で植樹活動するNPO法人「さくら並木ネットワーク」(東京)に寄付して植樹が実現。団地内には他の企業からの寄付も含め約70本の桜が植えられた。
 モンキーマジックのタックスさん(42)は「桜がシンボルの豊かな町になってほしい」と期待し、ブレイズさん(38)は「大きく育ったらギターを持って花見パーティーをしたい」と再訪を誓った。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月27日火曜日


先頭に戻る