宮城のニュース

<亘理町長選>元町議の高橋氏が出馬へ

高橋晃氏

 任期満了に伴う宮城県の亘理町長選(5月15日告示、20日投開票)で、同町の元町議高橋晃(あきら)氏(47)が無所属で立候補する意向を固めたことが26日分かった。
 高橋氏は河北新報社の取材に「真の復興を成し遂げるため、住民が主体的に課題解決に取り組む仕組みを作りたい」と述べた。
 具体的には、町民がまちづくりを議論したり、子どもたちが町の未来を考えたりする場を創設し、それぞれがNPO法人などと連携する構想を示した。高齢者が地域で活躍する場の確保なども公約に盛り込む方針。
 高橋氏は同町出身、東北学院大大学院法学研究科博士前期課程、東北大大学院医学系研究科博士課程を修了し、医療政策などを学んだ。看護専門学校や高校の講師などを経て、2014年の町議補選に無投票で初当選。15年の町議選には出馬せず、公益財団法人東北活性化研究センター(仙台市)に勤務した。
 町長選には、自営業の山田周伸(ひろのぶ)氏(54)も立候補の意向を示している。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月27日火曜日


先頭に戻る