宮城のニュース

ポカポカ春揺れる 気仙沼・スイセン満開

【インデックス】春の陽気に誘われて咲き誇るスイセンの花=26日午前10時15分ごろ、気仙沼市本吉町

 26日の宮城県内は高気圧に覆われて晴れ渡り、春を通り越して初夏を思わせるポカポカ陽気となった。
 気仙沼市本吉町の農業及川トヨ子さん(77)の庭では、スイセンの花がほぼ満開となった。例年より数日早く、1週間前に咲き始めたという。「寒い日もあって心配しましたが、スイセンが咲くと春本番を実感します」と風に揺れる愛らしい花に目を細めていた。
 仙台管区気象台によると、気仙沼の最高気温は20.2度と平年より10度以上も高く、5月下旬並みの暖かさ。仙台(22.2度)石巻(20.2度)亘理(21.5度)など各地で20度を超えた。東松島、塩釜、女川町の江ノ島、名取の4地点では3月の観測史上、最高となった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月27日火曜日


先頭に戻る