宮城のニュース

丸森町HP 縦書き使い魅力深まる 本年度「Webアワード」最優秀賞

縦書きのデザインが評価された丸森町のプロジェクトのHP

 地域での起業を支援している丸森町の「まるまるまるもりプロジェクト」のホームページ(HP)が、優れた縦書きのHPを表彰する2017年度の「たてよこWebアワード」で最優秀賞を受賞した。
 プロジェクトは丸森の地域資源を生かした起業を促進しようと、地域おこし協力隊員として採用した移住者に任期の3年内に起業してもらう事業。昨年6月にスタートし、今年4月着任予定の2人を含め計5人を採用した。
 HPはプロジェクトに協力するデジタルコンテンツ制作のラナエクストラクティブ(東京)が作った。事業概要や町の紹介などを縦書きで掲載している。
 アワードは通信事業者や慶応大などで構成し、総務省が後援する「縦書きWeb普及委員会」が15年度から実施。自治体が最優秀賞を受賞したのは丸森町が初めて。
 受賞報告のため町役場を訪れた同社の秋山洋チーフは「20年東京五輪に向けて縦書きHPはますます増える。丸森が全国の自治体のモデルになる」と語った。保科郷雄町長は「日本古来の縦書きは読みやすい。丸森を多様な形で発信してほしい」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月28日水曜日


先頭に戻る