青森のニュース

津軽海峡で定置網体験 参加者募集 むつ・大畑

定置網に追い込んだ魚を大型のたもですくうデモ体験の参加者=2017年11月、むつ市大畑町沖の津軽海峡(海峡ロデオ大畑提供)

 青森県むつ市大畑町の漁師らでつくる任意団体「海峡ロデオ大畑」は、漁獲100パーセント保証の定置網体験ツアーを企画し、参加者を募集している。地域おこしの一環で初めて企画した。
 ツアーは4月7、8の両日の1泊2日で、小学生以上が対象。7日昼ごろに集合し、サーモン食べ比べ丼を食べた後、漁船で津軽海峡に向かい定置網漁を体験する。水揚げした魚は宿泊先の民宿で新鮮なうちに調理され、提供される。
 この時期はサクラマスやヤリイカ、アンコウなどが揚がると予想されるが、網に何が入っているかはその日のお楽しみだという。津軽海峡沿いの下北ジオパークも船の上から見学できる。
 海峡ロデオの長岡俊成事務局長は「ロデオとまでは行かないが、波を乗り越えて漁場に向かう。地元の旬な魚を堪能してもらいたい」と話した。
 料金は1泊3食付で1万9800円。小学生は16800円。定員30人で応募締め切りは31日。申し込みは、しもきたTABIあしすと0175(31)1270。


関連ページ: 青森 社会

2018年03月27日火曜日


先頭に戻る