宮城のニュース

<楽天>日本一奪還 今季こそ 開幕へ必勝祈願

引き締まった表情で今季の必勝を祈願する(前列左から)嶋主将、梨田監督ら

 プロ野球東北楽天は27日、1軍の選手、コーチ陣ら約50人が仙台市青葉区の大崎八幡宮を参拝し、30日に開幕する今季の必勝を祈願した。
 駆け付けたファンが「頑張って」と声援を送る中、ユニホーム姿の梨田昌孝監督、岡島豪郎選手会長、嶋基宏主将や、立花陽三球団社長らが参道を進み、本殿で玉串をささげた。
 就任3年目の梨田監督は「今日のような暖かい日(の必勝祈願)は初めて。すがすがしい気持ちで参拝できた」と笑顔を見せた。
 昨季の東北楽天はパ・リーグ3位で、日本シリーズを制した2013年以来のクライマックスシリーズ進出を果たしたが、ファイナルステージで敗退。梨田監督は「本当に悔しい思いをした。今年はリーグ優勝、日本一を目指し、夏バテせずに平均した力を常に出せるようにしたい」と決意を語った。
 東北楽天はビジターでのロッテ3連戦から今季が始まる。ホーム開幕は4月3日の日本ハム戦(仙台市宮城野区・楽天生命パーク宮城)となる。


2018年03月28日水曜日


先頭に戻る