岩手のニュース

桜並木復活へ 一関・磐井川堤防で子どもたちが植樹

かさ上げされた堤防に桜の苗木を植える子どもたち

 一関市中心部を流れる磐井川の堤防かさ上げ工事で伐採された桜並木の復活を目指し、一関商工会議所などでつくる「磐井川堤防改修に伴う桜並木の復元を考える会」主催の植樹式典が28日、工事が終了した青葉2丁目の工区であった。
 約2メートルかさ上げした堤防上に植樹エリアを新設。市民約400人が、伐採木を母樹とする14本を植えた。子どもたちは苗木と一緒に将来の夢を書いた作文をカプセルに入れて埋めた。
 磐井川堤防の桜並木は、1947年のカスリン台風と48年のアイオン台風からの復興を願って植えられた。桜の名所だったが、一関遊水地事業の堤防改修で中心部の約100本が伐採された。
 考える会による植樹は2014年の25本に続いて2度目。来年は田村町側でも実施する見通しだ。
 赤荻小3年の和泉実桜(みお)さん(9)は「桜が満開になるように育って私も先生になる夢がかなえられたらいいな」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2018年03月29日木曜日


先頭に戻る