福島のニュース

<アポロガス>移動式水素ステーション運用開始へ 福島

開所式で披露された移動式水素ステーション

 LPガス事業のアポロガス(福島市)は4月、トラックに搭載した水素を燃料電池車(FCV)に販売する移動式水素ステーションの運用を始める。開所式が28日、福島県郡山市であった。
 実施主体はグループ会社のふくしまハイドロサプライ(福島市)。太陽光や風力で発電した電気で水を分解し、生成した水素を商業利用する全国初の取り組み。水素は、産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所(郡山市)の設備を利用して生成する。
 FCVが1950キロ走行できる水素15キロを25トントラックに搭載。郡山市と福島市の各1カ所に毎週2回出向き、水素を販売する。1キロ1300円。
 専用トラックの導入などの事業費は約3億2000万円。このうち2億5000万円は国と福島県の補助金を活用した。
 開所式でふくしまハイドロサプライの相良元章社長は「福島の産学官の力で成し得た事業。東京電力福島第1原発事故からの復興再生の一助になればいい」と話した。


関連ページ: 福島 経済

2018年03月29日木曜日


先頭に戻る