福島のニュース

<桜前線>いわき市小名浜で開花宣言 平年より9日早く

花を咲かせた旧小名浜測候所のソメイヨシノ=28日午後2時30分ごろ、いわき市
旧小名浜測候所で開花したソメイヨシノ=28日、いわき市小名浜

 いわき市の旧小名浜測候所で28日、標本木だったソメイヨシノに10輪ほどの花が咲き、市民団体「小名浜まちづくり市民会議」などが開花を宣言した。平年より9日早く、桜前線が早足で東北に入った。
 観測を続ける元仙台管区気象台天気相談所長の島田栄二郎さん(74)=いわき市=によると、3月の気温が高く、つぼみが一気に膨らんだ。来週早々に満開となる見込み。
 測候所による観測時代を含め、2002年の3月25日に次いで早い開花。島田さんは「冬が寒かったので春が待ち遠しい人が多かったと思う。早く咲いてくれて良かった」と話した。
 小名浜測候所は08年、無人化に伴って閉鎖。09年から市民会議が島田さんらの協力を得て開花を宣言している。


関連ページ: 福島 社会

2018年03月29日木曜日


先頭に戻る