宮城のニュース

<気仙沼漁船不明>2管本部、専従捜索打ち切り 手掛かり見つからず通常捜索に切り替え

 宮城県漁協気仙沼地区支所所属の漁船、第38開栄丸(19トン)と連絡が取れなくなり、専従捜索を続けてきた第2管区海上保安本部は28日夜、通常のパトロールによる捜索に切り替えた。
 気仙沼市の小松利則船長(56)ら4人が乗った開栄丸は17日午前10時半ごろ、気仙沼港を出航。同午後5時ごろを最後に連絡が取れなくなった。
 2管本部は18日から28日の日没まで11日間にわたり巡視船延べ38隻、航空機延べ23機で捜索したが、手掛かりは見つからなかった。
 小松船長以外の乗組員は、藤村三夫さん(63)=宮城県気仙沼市=、関山正道さん(52)=同=、稲村光直さん(55)=岩手県釜石市=。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月30日金曜日


先頭に戻る