宮城のニュース

<閖上津波訴訟>仙台地裁、遺族の請求を棄却

 東日本大震災の津波で乳児を含む家族4人が名取市閖上地区で死亡・行方不明になったのは、市の防災行政無線の故障などが原因だとして、仙台市の夫婦ら遺族4人が名取市に約6700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(高取真理子裁判長)は30日、遺族の請求を棄却した。
 防災無線が地震発生時の揺れで故障して鳴らなかった不備が回避できたかどうかや、市が防災計画で定めた広報車による避難呼び掛けを見送った判断の妥当性などが争点となった。
 遺族は「当然あるべき市からの情報伝達がなく、早期の避難行動が取れなかった」と主張。市は「情報がなくとも避難の判断はできた」と反論していた。
 訴えによると、市は震災当日の無線の故障に気付かずに避難指示放送を繰り返した。閖上地区の妻の実家にいた乳児の息子と両親、祖母が被災し、父と祖母が閖上小付近で遺体で見つかった。残る2人は現在も行方が分かっていない。


関連ページ: 宮城 社会

2018年03月30日金曜日


先頭に戻る