広域のニュース

<強制不妊手術>産めぬ苦しみ訴え 超党派議連、宮城の70代女性招き勉強会

 旧優生保護法下で知的障害者らに不妊手術が強制された問題で、救済策を検討する超党派の国会議員連盟は29日、16歳で手術を強制された宮城県の70代女性らを招いた勉強会を国会内で開いた。
 女性は1997年から手術の関係書類を県に繰り返し請求してきたが、不存在とされた。「子どもを産めないと知り、苦しみが始まった。ほかにも手術記録の資料がない人がいる。早く前に進めてほしい」と幅広い救済を訴えた。
 不妊手術を強制され、国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こした同県の60代女性の義姉も出席。「議員は国民を苦しめる法律をこれ以上作らず、障害者や家族が安心して暮らせるよう国会で議論してほしい」と政治の役割を問い掛けた。


関連ページ: 広域 社会

2018年03月30日金曜日


先頭に戻る