広域のニュース

<天皇杯サッカー>ベガルタの初戦は6月にホームで 決勝は12月24日

 日本サッカー協会は29日、第98回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の4回戦までの組み合わせを発表した。来年1月に日本代表が出場するアジア・カップが行われるため、例年1月1日に実施する決勝は12月24日に埼玉スタジアムで開催する。
 J1仙台の初戦は、6月6日の2回戦で、群馬県代表−東京都代表の勝者とユアスタ仙台で顔を合わせる。J2山形の初戦は、同6日にJ2岐阜とNDソフトスタジアム山形で対戦する。
 47都道府県の代表など88チームが参加し、1回戦は5月26、27日に行われる。準々決勝以降の組み合わせは4回戦終了後に決める。
 他の東北勢の初戦は次の通り。

 福島県代表−宮城県代表(5月26日・いわきグリーンフィールド)栃木県代表−青森県代表(同26日・栃木)秋田県代表−千葉県代表(同27日・秋田市八橋運動公園陸上競技場)茨城県代表−山形県代表(同27日・カシマ)岩手県代表−流通経大(同27日・盛岡南公園球技場)


2018年03月30日金曜日


先頭に戻る