宮城のニュース

<入試のツボ>復習で理解深めよう

◎中学受験・本番まで9カ月

 宮城県内の公立中高一貫校や私立中の入学者選抜は、例年1月上旬に実施されている。あと9カ月しかない。宮城教育大付属中の選抜は12月中旬、東京都内の私立中は2月1日だ。
 いずれにせよ、中学受験を考えている新6年生に与えられた勉強時間はそう多くない。志望校受験に向けて本格的な学習を始めた児童は多いと思うが、常に残り期間を意識して取り組んでほしい。
 目標とする学校の試験日までに、今の自分の実力と合格に必要な学力との差を埋めていくには、限られた時間の中で何をどのように行うかが非常に重要だ。
 漫然と机に向かうだけで満足している児童を見受ける。目の前の学習や課題は何に向けて、何のために行っているのか。問題集に取り組む時、その問題を解くことだけが目的になっていないか。よく考え、学習方法を見つめ直してほしい。
 成績が伸び悩む受験生の保護者から「復習をきちんとしていない」という声をよく聞く。
 学力を身に付けるためには、問題を解くだけでなく、しっかり復習して理解を深め、自分の力にすることが大切。それを直近のテストや模試、そして入試本番の得点力アップにつなげるという意識が重要だ。これらのプロセスを具体的にイメージして実践しないと効果は得られない。
 本番までの時間はあっという間に過ぎるが、日々の意識の持ち方と学習方法次第で、成果は大きく違ってくる。(進学プラザグループ俊英四谷大塚・郷右近友貴講師)


関連ページ: 宮城 社会 入試のツボ

2018年03月31日土曜日


先頭に戻る