宮城のニュース

佐沼中の高田さん最高賞「だめなんですか。クオーターは」全国いじめ防止標語コンテスト

審査員らと共に記念撮影した高田さん(中央)と畠山君(左から2人目)

 全国の小中学生から45万作品が寄せられた「いじめ防止標語コンテスト」の表彰式が3月26日、東京・錦糸町のホテルであり、宮城県登米市佐沼中3年の高田ひなさん(15)が最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。
 高田さんは「『おまえは違う。』だめなんですか。クオーターは」の作品で受賞。「私自身がクオーターで、陰口を言われた経験を基に率直な気持ちを標語にした。名誉ある賞を頂けてうれしい」と話した。
 審査委員長の石隈利紀東京成徳大大学院教授は「いじめを受けた経験がある人、ない人も応募してくれた。いじめを自分のこととして考えた標語を選んだ。優秀な作品が多く激論だった」と講評した。
 宮城県内では南三陸町伊里前小4年の畠山遼君(10)も「おだづな いじめ!! 少しの勇気で友達守るべ!!」で文部科学大臣賞に次ぐ全国賞を受賞した。
 コンテストは、AIG損害保険(東京)と学識経験者などでつくる実行委員会が主催した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月01日日曜日


先頭に戻る