宮城のニュース

クマに襲われ男性が大けが 加美・荒沢湿原

 31日午前11時ごろ、宮城県加美町鹿原の荒沢湿原で、仙台市太白区の団体職員男性(68)がクマ1頭に襲われ、頭に大けがをした。
 加美署によると、男性は10センチほどの裂傷が2カ所あるが、命に別条はないという。現場は荒沢自然館の西約4キロの山中で、男性は景色などを撮影するため1人で歩いていたという。
 荒沢湿原は県内有数のミズバショウの群生地。自然館によると、当時、同館周辺の散策道には約180人が訪れていた。中旬にはミズバショウが見頃を迎え、多くの観光客が予想されることから、同署は注意を呼び掛けている。
 県自然保護課によると、クマによるけが人は今年初めて。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月01日日曜日


先頭に戻る