宮城のニュース

淡いピンク今年は早起き 宮城・柴田町が桜開花宣言 「一目千本桜」は7日ごろ見頃のピーク

咲いたばかりの桜の花を眺める親子

 桜の名所として有名な宮城県柴田町が31日、開花宣言をした。最近の暖かさで昨年より7日、例年と比べて10日それぞれ早い。早速多くの家族連れなどが、淡いピンクに色づいた桜を楽しんだ。

 しばた桜まつり実行委員会の小泉清一委員長らが船岡城址公園を訪れ、標準木のソメイヨシノが5輪以上咲いたのを確認。滝口茂町長が「多くの人に見に来てほしい。必ず満足してもらえる」と語った。
 まつりは5〜22日の予定。船岡城址公園の約1300本と、柴田、大河原両町の白石川沿いの「一目千本桜」1200本近くは7日ごろ、見頃のピークを迎える見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月01日日曜日


先頭に戻る