宮城のニュース

<楽天>速球に球威と切れ、浜矢2回無失点

 東北楽天の3番手浜矢が六、七回の2回を投げて3三振を奪い、無安打無失点にしのぐ好投で今季初マウンドを飾った。
 自慢の速球に球威と切れがあった。六回はいずれも速球を決め球にして2奪三振を含む三者凡退で終えた。七回もウィーラーの失策で走者を許した2死一塁、この試合2本塁打の井上を渾身(こんしん)の142キロで空振り三振させた。
 昨季初登板は開幕戦。リードした場面で救援したが、痛恨の同点弾を浴びて美馬の勝ち投手の権利を消し、「申し訳ないことをした」と反省が残った。それだけに、復権を懸ける今季は幸先良く滑り出し、「とにかく打者を抑えることだけに集中する」と意気込んだ。


2018年04月01日日曜日


先頭に戻る