宮城のニュース

<楽天>今季初黒星 ロッテに2−6

 東北楽天は序盤の大量失点が響いて敗れた。先発美馬は一回に井上の左越えソロや菅野の適時三塁打などで3点を失い、三回は無死から中村、井上に2者連続ソロを被弾。三回途中8安打5失点で今季初黒星を喫した。
 打線は五回まで2安打無得点と沈黙。六回にペゲーロの適時二塁打、八回に島内の1号ソロで1点ずつを返すにとどまった。
 ロッテは先発ボルシンガーが七回途中1失点で来日初勝利を挙げた。

ロッテ−東北楽天2回戦(1勝1敗、14時1分、ZOZOマリンスタジアム、28,203人)
東北楽天000001010=2
ロッテ 30300000×=6
(勝)ボルシンガー1試合1勝
(敗)美馬1試合1敗
(本)井上1号(1)(美馬)=1回、井上2号(1)(美馬)=3回、中村1号(1)(美馬)=3回、島内1号(1)(有吉)=8回

☆梨田の話ダ
<勝っている時にも>
 「ストライク先行でテンポ良く投げた。僅差などで勝っている時にこの投球をしてくれれば(チームは)楽になる」(負け展開での救援ながら2回無失点と好投した浜矢について)

☆イヌワシろっかーるーむ
<釜田佳直投手(4番手で今季初登板。四死球などで2死満塁のピンチを背負うも1回無失点)>
 「勝負球が結果的に死球になってしまったし、精度の向上が課題。ファウルでストライクを稼げる投球もしたい」


2018年04月01日日曜日


先頭に戻る