宮城のニュース

<コバルトーレ女川>ホーム初戦を飾れず 観客1300人が声援

コバルトーレ女川の選手に声援を送るサポーター

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)に昇格したコバルトーレ女川のホーム開幕戦が1日、宮城県石巻市の石巻フットボール場であり、チーム最多の観客1300人が声援を届けた。昨季JFL2位のラインメール青森に1−3で敗れたが、奮闘した選手たちに大きな拍手が送られた。
 コバルトーレは前半8分、新加入で初出場のMF及川陸選手(18)がこぼれ球を左足で押し込み先制。その後もサイド攻撃でゴールを狙ったが、前半に1点、後半に2点を奪われた。
 村田達哉監督(45)は「残念ながら逆転負けしたが、選手たちは諦めずに戦ってくれた。勇気づけてくれる声援と後押しに感謝したい」と振り返り、石巻市出身の及川選手は「石巻で初ゴールができてうれしい」と納得した表情を見せた。
 友人と応援に訪れた石巻市の会社員千葉祐太さん(31)は「ホームだから勝ってもらいたかったが、まだ先は長いので今後に期待したい」とエールを送った。


2018年04月02日月曜日


先頭に戻る