宮城のニュース

津波に耐えた桜を宮城農高生が新校舎に移植

新校舎のそばに桜を移植する生徒たち

 東日本大震災の津波で旧校舎が全壊し、宮城県名取市内陸部に新校舎が整備された宮城農高(生徒465人)で2日、桜の移植活動があった。旧校舎で海水に漬かりながら生き残った6本の命をつなごうと、当時の生徒が組織を培養。歴代の科学部員らが、3月まで使っていたプレハブ仮設校舎の敷地などで育てていた。
 科学部員ら約30人が6班に分かれ、完成したばかりの新校舎の周りにオオシマザクラやカンザン、フゲンゾウの3種42本を移植した。中には高さ約4メートルに成長した木もあり、生徒らは懸命に宮農復興のシンボルを植え付けた。
 科学部の部長で3年本郷美(み)桜(お)さん(17)は「今日植えた42本を皆さんの希望の桜にしたい」と話した。
 宮農は1977年に仙台市から移転した際、記念に約20本の桜を植え、市民らに親しまれてきた。震災後も3種6本が生き残り、幹が傷ついた状態で花を咲かせて関係者を鼓舞。遺伝子を残すため培養や接ぎ木をして、宮農や市観光物産協会が仮設校舎近くなどに植えていた。


2018年04月03日火曜日


先頭に戻る