宮城のニュース

<ベガルタ>奥埜、全治6週間 長崎戦で左膝負傷

 J1仙台は2日、MF奥埜博亮(28)が左膝内側の靱帯(じんたい)損傷で約全治6週間の見込みと発表した。3月31日のホーム長崎戦で負傷し、仙台市内の病院で診察を受けた。
 奥埜は今季、リーグ戦5試合とYBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)2試合に全て出場。主にボランチとして攻守に活躍する一方、3人制の主将の1人としてチームを引っ張っていた。


2018年04月03日火曜日


先頭に戻る