宮城のニュース

<楽天>ユニホーム姿のファン心待ち 今夕に日本ハムとホーム開幕戦

球場周辺で試合開始を待つ東北楽天のファン=3日午後0時30分ごろ

 プロ野球東北楽天は3日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城でホーム開幕戦となる日本ハム戦を迎えた。午後4時のプレーボールを前に、球場周辺にはホーム初白星を見届けようと朝早くからユニホームを着たファンが集まり、試合開始を心待ちにした。
 球場正面に置かれた則本昂大投手、銀次内野手ら5選手の人形の前では記念撮影するファンの姿が多く見られ、当日券売り場の前にも長い列ができた。
 友人3人と午前9時から並んでいたのは大崎市の会社員松田清さん(42)。予告先発の岸孝之投手に期待を寄せ「頼りになるチームの柱がどんな投球をするのかを見たくて来た。地元で投げ勝ってくれるに違いない」と熱く語った。
 敵地であったロッテとの開幕戦は、5時間にわたる激闘を制したが、その後は2連敗。ホーム開幕戦で勢いを取り戻せるのか、注目の試合となる。


2018年04月03日火曜日


先頭に戻る