宮城のニュース

4年ぶりの「金田火伏せまつり」栗原で8日開催 豪華山車行列など祭り彩る

 藩制時代に栗原市一迫金田地区で始まった4年に1度の伝統行事「金田火伏せまつり」(実行委員会主催)が8日、同地区で開かれる。豪華な山車行列や地域の伝統芸能が披露され、祭りを彩る。
 地区住民ら約500人が参加し、商店街など約2キロを練り歩く。金田地区の8行政区がそれぞれ趣向を凝らした山車を出品するほか、宮城県無形民俗文化財「八ツ鹿踊り」や地域伝来の川北神楽などが披露される。
 山車行列は午後1時から。午前10時には、地域の消防団による演習もある。荒天中止。連絡先は実行委事務局0228(54)2111。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年04月04日水曜日


先頭に戻る