宮城のニュース

5億円の夢すぐそこに ドリームジャンボ宝くじ発売

高額当選を夢見る人々が売り場を訪れた=4日午前9時45分ごろ、仙台市青葉区のみずほ銀行仙台支店

 1等と前後賞で5億円が当たる「ドリームジャンボ宝くじ」が4日、全国で一斉に発売された。宮城県内でも175カ所で販売され、夢をつかもうと午前中から人々が買い求めた。
 仙台市青葉区のみずほ銀行仙台支店の売り場では、せんだい・杜の都親善大使の柳原莉子さん(19)らがPR。購入した同区の主婦山口信子さん(55)は「英語が堪能な息子たちと海外旅行したい。1億円当たったらハワイに別荘を建てる」と夢を膨らませた。
 当選本数は1等(3億円)が17本、前後賞(1億円)34本、2等(1000万円)102本など。同時発売の「ドリームジャンボミニ」は1等(3000万円)35本などが用意された。
 いずれも1枚300円で27日まで販売。抽選会は5月11日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場である。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月04日水曜日


先頭に戻る