宮城のニュース

仙台・中山地区の連続不審火に関与か 放火容疑で男を再逮捕へ

 仙台北署は4日、建造物侵入などの疑いで3月に逮捕した仙台市青葉区中山4丁目、無職大里和美容疑者(46)=起訴拘置中=が2月、自宅近くの民家に火を付けた疑いが強まったとして、非現住建造物等放火の疑いで再逮捕する方針を固めた。4日午後にも再逮捕する。
 捜査関係者によると、大里容疑者は2月9日、同区中山5丁目の民家に放火した疑いが持たれている。付近では昨年12月25日、新築中の住宅などが焼ける不審火が3件相次ぎ、同署は同容疑者が関与した可能性もあるとみて調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月04日水曜日


先頭に戻る