宮城のニュース

<楽天>ペゲーロ代役の田中2三振「うまくできなかった」悔しがる

 体調不良で欠場した東北楽天のペゲーロの代わりに今季初先発した田中は2打数2三振。「積極的に打ちにいきながら、低めの変化球に手を出さないよう、キャンプから取り組んだがうまくできなかった」と悔しがった。
 日本ハム先発上沢の低めの変化球の見極めに苦しんだ。第2打席はカウント2ボール1ストライクから低めのボールゾーンの変化球を2球連続で空振りして三振し、バットをたたきつけた。
 八回無死二塁の場面は「死ぬ気で」犠打を成功させて一仕事はしたものの、「まだまだです」と語った。


2018年04月04日水曜日


先頭に戻る