宮城のニュース

<楽天>追悼試合で今季初の無得点 黒星は天国からの叱咤激励

9回東北楽天無死、空振り三振に倒れ立ちつくすウィーラー。捕手清水
6回東北楽天1死一、二塁、併殺打に倒れたアマダー(左)(高橋諒撮影)

 「星野さん、打たせてください」。星野元監督の追悼試合で、梨田監督の願いは実を結ばなかった。主力のペゲーロを体調不良で欠く中、5番に打率10割の藤田を入れるなど、大幅に打線を組み替えたが、今季初の無得点に終わった。
 一回に島内の安打と盗塁で無死二塁と絶好の先制機を築いたが、続く3人がそろって凡退。五回1死二塁では二走岡島がけん制死。六回1死一、二塁ではアマダーが誘い球の外角低めの変化球を引っかけ、三塁併殺打に倒れるなど、ちぐはぐな攻撃が続いた。
 0−0の八回、好投の先発岸に勝ち投手の権利を与える好機が訪れる。先頭の嶋が右翼線二塁打を放ち、二塁上でガッツポーズを見せた。続く田中が犠打で1死三塁とし、ここまで2安打の島内が打席に入った。星野元監督の明大の後輩の「星野チルドレン」に期待がかかったが、結果は二ゴロ。球場はため息に包まれた。
 「低めが多かった。最後も予想外の内角球を打たされた」と島内。続く茂木も空振り三振に終わった。
 開幕4戦合計9得点と打線の調子が上がらないまま、3連敗。「『しっかりせい』ということだと思う」。梨田監督はこの黒星を天国からの叱咤(しった)激励と受け止めた。(金野正之)


2018年04月04日水曜日


先頭に戻る