宮城のニュース

<楽天>小田和正さん始球式 「もう一度、13年のような優勝を見たい」

 シンガー・ソングライターの小田和正さんが3日、東北楽天の本拠地開幕戦となる日本ハム戦(楽天生命パーク宮城)で始球式を行った。
 30年にわたる親交があり、1月に亡くなった星野仙一元監督が付けた永久欠番「77」のユニホーム姿で登場すると、捕手嶋の構えるミットにストライクの投球。スタンドからの声援に両手を上げて応えた。
 小田さんは東北楽天が日本一になった2013年も本拠地開幕戦の始球式で登板。当時の指揮官をしのび「もう一度、13年のような優勝を見たい。仙ちゃんも応援していると思うので、皆さんも一緒に応援しましょう」とコメントした。


2018年04月04日水曜日


先頭に戻る