青森のニュース

青い森鉄道・津軽海峡フェリーの連携切符「海峡ゆったどきっぷ」10日発売

 青森県の第三セクター青い森鉄道(青森市)と、津軽海峡フェリー(北海道函館市)は10日、鉄道乗車券と青森−函館間のフェリー乗船券を組み合わせた「海峡ゆったどきっぷ」を発売する。
 青い森鉄道の各駅から函館までの料金は八戸3800円、三沢3400円、浅虫温泉2300円など。繁忙期、通常期とも同一料金で通年販売し、最大1670円の割り引きとなる。青森駅−青森フェリーターミナル間の移動は料金に含まれない。利用時は事前にフェリーを予約してから駅窓口などで切符を購入する。
 津軽海峡フェリーの村上玉樹社長は「鉄道と連携するのは初めて。個人客やリピーターを獲得したい」と話した。


関連ページ: 青森 経済

2018年04月04日水曜日


先頭に戻る