福島のニュース

おにぎり提供で福島市議を任意聴取 昨年の衆院選公示日、公選法違反の疑い

 昨年10月10日の衆院選公示日に福島市で自民党候補や安倍晋三首相が演説した際、おにぎりを有権者に提供したとして、福島県警が2月上旬、公選法違反の疑いで宍戸一照福島市議(67)を任意で事情聴取していたことが3日、分かった。
 宍戸氏は福島1区に立候補し比例復活した亀岡偉民衆院議員の地区後援会長。取材に「原発事故の風評被害を払拭(ふっしょく)するため、安倍首相に食べてもらおうと用意した。余った分を『良かったら』と声掛けしただけで、票集めなどの意図はなかった」と説明した。
 公選法はお茶や茶菓子を除き、選挙運動中の飲食物の提供を禁じている。


関連ページ: 福島 社会

2018年04月04日水曜日


先頭に戻る